iPhone修理海老名でお店探しをする前に

iPhone修理海老名で検索でもしてみれば、多くのお店が見つかります。この時の確認事項として、本体が裂けてしまう様な大破状態は公式修理の持ち所であり、パーツ交換で済む損壊程度ならば非公式修理の方が安く済むという事が出て来ます。どっちもiPhone修理海老名で、好条件の物が出て来ますし、人によって事情も違いますのでどっちの修理が良いかは一概には言えません。ですが、iPhone修理海老名をお願いするより先に方法によって自己復旧出来る事も少なく無いです。

まず、iPhoneがどうして動かなくなったのかを落ち着いて考える事です。間違いなく自己復旧可能なケースとしては、アプリの入れ過ぎ等によるCPUの無駄遣いが挙がります。長時間使用によって、加熱してしまう事等もありますが、機械の処理速度には限界がありますので、状況によってはPCと同じく止まってしまう事も出て来ます。その場合は、新型か旧型かで差もありますが、まずは再起動を試してみて下さい。

他にも、ウイルスが原因で止まってしまう様な事も無いでは無いので、その場合は対策アプリをダウンロードして内部を確認してみるのも1つです。中には「重くなるから対策ソフトは嫌だ」と言う人も居ないではありませんが、昨今ウイルスは劇的に進化していますので、トラブル防止の為には事前に1つは何かを入れておく事を強くお勧めします。ちなみに、これで失敗したとしても、PC等を有しているのであれば、iPhoneをPCに繋げて、そっち側から起動して異常を調べる方法もあります。これで進退窮まった場合は、iPhone修理海老名で真剣に検索する段取と考えて下さい。

次に自己復旧可能なケースは、バッテリーが劣化した場合です。充電したのに、一瞬で消えてしまうという様な事が多い場合は、交換を考えた方が良い事が少なくありません。後は、バッテリーは安ければOKという人も居ないではありませんが、中には外国製の信じ難いクラスの粗悪品があります。まず、こういった品を使ってしまうと発火事故すら起きる事がありますので、基本的に国産の物で背後がしっかり分かる物を選ぶ事が第1歩です。

ちなみに、「バッテリーは充電と放電の両方を1度にしてしまうと、瞬く間に弱ってしまう」と覚えておいて下さい。つまり、充電コードを差したまま使ったりすると、かなり早い段階で寿命になってしまうという事であり、少しでも長持ちさせたいのであれば、その辺の行動は避けた方が無難となります。同じような理由で、少しだけ残っている状態で再充電するという様な行為もバッテリーを早くダメにしてしまうという事も要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です