ファクタリング利用するなら即日決済が重要

subpage01

事業を営むなら利益を出したいのは誰でも同じですが、利益を上げることとお金を増やすことは同じではありません。利益が上がってもうかれば財産も増えると思いがちですが、物を売るためには先に商品を仕入れる必要があるため、売上が順調に伸びているときこそ支出が先行して、黒字でも倒産してしまうこともあり得ない事態ではありません。ところで、売上を大きく伸ばすのに効果的な方法が、法人相手に売掛取引を始めたり、一般消費者に対してもクレジットカードを導入するなど決済手段の多様化が効果的ですが、売掛取引の導入は資金繰りの負担をより大きくします。資金繰りの改善に大切なことは、在庫を少なくしたり、売掛金の資金化を急ぐなど持っている財産を円滑に回転することで、これを資産の流動化といいます。

ファクタリングの比較といえばこちらです。

売掛債権流動化の手法として、ファクタリングや売掛債権担保融資があります。



ファクタリングは将来お金を受け取る権利を売却して即日現金化する方法、売掛債権担保融資はその権利を担保に融資を受け、回収した代金が借入の返済に充てられて債務がなくなる方法で、売掛債権を現金化するという意味で一見二つの方法は似通っています。

ただし、ファクタリングの場合は債権を売ってしまうので入金の権利がなくなる代わりに返済義務がないのに対して融資の場合は、万一取引先が倒産するなどで代金が支払われない場合、返済義務が生じる瑕疵担保責任が残ります。


また、融資の場合は債権の価値だけでなく借入の債務者である自分自身の返済能力も審査対象となるため、決済に時間がかかる傾向があります。
そこで、即日現金化に効果的な方法が債権そのものの売買で、短期間で取引が完結するファクタリングです。融資の場合は元金は債権の額面で、それに金利を払いますが、ファクタリングは債権の評価額を算定するので、即日利用するためには日ごろから信頼できる業者を見つけられるよう取引しておくと効果的です。