即日ファクタリングをしてくれる場合の仕組み

subpage01

会社は、ある程度お金に余裕があれば外から借り入れする必要がありませんが、売掛金などがすぐに現金化されないことから余裕がない会社ほど外部からのお金が必要になります。

とはいえ、銀行がすぐにお金を貸してくれるわけではなくそれ以外の所に頼らざるをえません。

あくまで銀行は担保を所有しているかあるいは信用貸しと呼ばれるものになりますので、その両方が不可能ならば銀行を使うことはできません。

ファクタリング情報のことならお任せください。

そこで、ファクタリングを使う方法があります。


ファクタリングを利用すれば、担保や信用がない場合でもお金を借りることができるわけです。



ファクタリングにもいくつか種類がありますが、すぐにお金が必要な場合には即日お金を振り込んでくれる所を選びましょう。



これは、2者間によるファクタリングと呼ばれるものです。

この仕組みは、お金はすぐに入金されるけども、その代わり債権譲渡をなければ売掛金に対する現金化の割合が低いのが特徴です。


3社間の場合およそ95パーセントから98パーセント程度は現金化されますが、2社間の場合には75パーセント程度しか現金化されないのが特徴になっています。

なぜ即日の場合は現金化されにくいかといえば、即日ファクタリングは債権譲渡をしないため売掛金を所有している側が二重に譲渡をしてしまう恐れもあるからです。
そのため、即日お金を貸してくれるもののお金を貸す割合が少なくなっています。
当然、即日現金化できることも現金化される割合が低い理由になっているでしょう。