おもちゃのサブスクはデメリットもある

定額で知育玩具がいくつも借りることができ、まれに高額な商品に触れる機会もあるのがおもちゃのサブスクです。借りた物はその都度新しい知育玩具との交換になるので、際限なく自宅に溜まってしまうこともありません。送られてくる知育玩具も、幼児教育のプロが選んでくれるので年齢に合った物が受け取れます。ここまで至れり尽くせりだと何も問題ないように思えますが、実際はそういうわけでもないようです。

たとえば知育玩具がいくつも借りることができるといっても、本人の希望で手に入れるわけではないのでまったく興味を示さないということもあります。そうなると、借りた物がすべて無駄になってしまうということもあり得るわけです。そういった時のために交換できる場合もありますが、それでもダメとなるとお手上げになってしまいます。またすべての知育玩具が高額な物というのでもありませんので、トータルで考えると購入した方が安くつく可能性もあります。

そんな感じでほぼ運任せで利用するリスクを考えると、おもちゃのサブスクよりは結果として気に入った知育玩具を購入した方が早いという結論に達してしまうかもしれません。しかし場所を取らないことと、選ぶ手間をかけなくていいというのはやはり魅力的です。そして運よくお気に入りのものが見つかれば、少ない投資で最大の効果を出すことができます。欠点もありつつ長所も大きい点から考えても、一度おもちゃのサブスクにトライしてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*